Complex⇒Simple

You can see the world simply if you learn.

「努力は必ず報われる」この言葉が生まれ、広まり、定着したのはなぜだろうか

「努力は必ず報われる」という言葉について、あなたは何を思うでしょうか。 私はこの言葉を聞くたびに「そんなわけはない」と心のなかで反発していたものでした。反発するのは、当然この言葉がおかしな真理を語っている、という直観からです。 この言葉が間…

「To Doリスト」ではない「Do Notリスト」のススメ

「To Doリスト」を作ったことのある人は、自身の生産性を高めたいと思っているはずだ。しかし、リストが思ったように機能しない、という経験をもつ人もいるかもしれない。 この記事ではそんな人に試してほしいもう一つのリスト、「Do Notリスト」を紹介する…

努力とは、目標に向かって行動を続けること

「努力」というものについて、賛美する声もあればそれを非難する声もある。なぜそのような違いが生まれるのかといえば、努力という言葉が何を意味しているのか、はっきり定まっていないからだ。つまり、「~な努力」といった時の”~”の部分に何を入れるかに…

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、もしもアフィリエイト、ザ・レスポンスアフィリエイト、ダイレクト出版アフィリエイト)を利用しています。 このような広告…

記事改善のためのアンケート

// 読み込んでいます...

シンプリストとミニマリストの違いと誤解

シンプリストとミニマリストを「モノの量」で分ける見方が多いのだが、実際にはそんな浅い違いではない。この2種類の人々にはもっと根本的な違い、「人生において求めるもの」の違いがある。「シンプリスト ミニマリスト 違い」で検索してみて、この人たちの…

時間を大切にするために「無駄な時間」「生産的な時間」「超生産的な時間」についてまとめておく

何となく記事を書き始めたり、SEOに関する記事を読み漁ったりと、最近の私の作業状況はかなり散漫だ。しかし、先日「今月の目標は50記事」とかTwitterに書いてしまったので本腰を入れて生産活動に専念しようと思う。 と、その前に、時間の種類と生産性に関す…

「努力が苦手」について「努力とは何か」から考える

「努力が苦手だ」と常々思っているあなた(違ったら失礼)は、「努力」とは何のことで、「努力が苦手」とはどのような状態であるのか考えたことがあるだろうか。 私も努力することは苦手だ。何事も続かず、というか目標を決めても行動を始めない。最近はブロ…

科学的に検証されたクリックされる記事タイトルの書き方

記事が生むべき「成果」とは、それが最後まで読まれること、そして商品が売れることである。あなたの記事はそれができているだろうか。 特にビジネスのために記事を書いている人にとってはこの問題は重大だ。それによって、自分の収入が決まってくるのだから…

私の生き方の指標となっている3つのコンセプト-自分の行動に一貫性がない人へ

今まで私の生き方というか、行動の選択基準に軸がないと感じることが多かった。そこであるとき実験的に基準を設け、それは今でも使い続けている。 基準を設けると、行動や考え方がとてもすっきりする。毎回くよくよ悩んだりする必要がなくなり、楽に生きるこ…

ニーズの種類に詳しくなればビジネスはもっと確実で強固になる-顕在、潜在、そしてもう一つのニーズ

「ニーズの種類」などというニッチなワードを調べているあなたは、恐らく何らかのビジネスに携わっているのだろう。そして、なんとかしてそのビジネスを成長させたいと奮闘しているのかもしれない。 この記事は、ニーズがいかにあなたのビジネスを左右するの…

ライティングスキルが身につく過程-書いて食べるために知るべきこと

クラウドソーシングの流行とともに、WEBライティングでお金を稼ごうと考える人々は大きく増えた。つまり、初心者のWEBライターが急増した。 しかし、初心者は当然スキルなどあるはずもなく、クライアントに売り込むべきセールスポイントもない。やる気や誠実…

記事タイトルの文字数と内容について、誰も触れてこなかった大切な話

検索バーに「記事 タイトル」まで入れると、サジェストで「記事 タイトル 文字数」というロングテールキーワードが見つかる。記事タイトルの文字数に関しては、各所で議論が起こっているというよりも、それぞれ自分なりの基準を作り出してそれをタイトル決定…

本の内容を記憶するための学習テンプレート-基本のやり方と簡略版

何かについて学びたいと考える人にとって、本の内容を1冊分覚えてしまうというのはかなり望まれる手段だ。というのも、良い教科書を1冊記憶してしまえば、その分野についての学習は半分終わったも同然なのである。 しかし、何度読んでも記憶に残らないことは…

受験に向けて勉強している人へ-こんな勘違いをしていないか?

受験を前にした多くの学生は、どの予備校がいいのか、あるいはどの参考書を使えば受かるのか、といった小手先のテクニックに終始しがちだ。 しかし、それでは多くの人が実力を伸ばせず、受からない。この記事でお伝えするのは、受験に関する2つの真実だ。 あ…

お問い合わせ(Googleフォーム)

// 読み込んでいます...

文系大学生が「研究の進め方」「レポート・論文の書き方」を学ぶための本-井上浩一『私もできる西洋史研究』

大学に入学したものの、大した指導もなしにレポートで成績を決められて四苦八苦している大学生は少なくない。実際、成績なんて教授の偏見と独断ではないのか?と思うこともしばしばだ。 しかし、大抵のレポートは、王道の事前調査や研究の進め方を知っていれ…

頭脳のエンジンキーを「やさしく」手に入れる方法-渡辺健介『世界一やさしい問題解決の授業』

「頭が良い人」への憧れというのは、なかなかどうして、避けがたい。しかしそういう頭の良い人というのは、大量の勉強を積み上げてきており、さらに努力では抜かしようがない遺伝的な要素(いわゆる"地頭")ももっている。では、私たちは、彼らに羨望の眼差し…

ブログビジネス初心者こそ、ボリュームたっぷりな記事が「書けないほうがいい」理由

「薄くて軽い記事しか書けない」。こんな悩みをもつ駆け出しブロガーは多いのではないだろうか。 しかし、某アニメの腹巻き親父ではないが、それでいいのだ。特に初めたばかりの頃は。むしろ、長文など書けない方がいい。 この記事ではその理由について語っ…

テーマの設定から資料の集め方、執筆までの方法論-野村進『調べる技術・書く技術』

『調べる技術・書く技術』は職業ライターなら必ず読んでおきたい本だ。駆け出しのライターなら執筆の全体像を知ることができるし、ある程度仕事に慣れてきたライターにとっても役に立つ情報(資料の集め方・整理の仕方など)が豊富に盛り込まれている。 記事を…

これから哲学をしたいという人のためのおすすめ本3冊

「哲学入門」と題された本は、大抵難しい。それは哲学という学問分野のもつ研究対象があまりに広範なため、哲学というものを直接的に説明できず、結局目の前で哲学をしてみせる、という手段に走りがちだからである。哲学というものがなんなのか知りたい人々…

努力が裏切ることはないしそれは必ず報われる、ただし…

「努力は裏切らない」という言葉は、昔からよく言われている。特にスポーツの世界で顕著なのではないだろうか。 しかし、世の中にはこの言葉に疑念を抱く人も多い。それは、多大な努力をしたにもかかわらず、ろくな結果を生み出せなかった人たちだ。彼らは「…

WEBライティングとは何か

WEBライティングの定義 現代のテキストコンテンツビジネス 「記事を書く」ということ WEBライティングとSEOライティング SEOライティングとは WEBライティングはSEOライティングを含んでいる ブロガーとWEBライターに違いはあるのか 1. 独自のメディア 2. 文…

「頭の回転が速い」とはどのようなことか―「頭の回転率」を決める5つの要素

「頭の回転」の意味とその速さを決める5つの要素 直列処理速度 並列処理能力 抽象化レベル 実行速度 脳の状態 「頭の回転の速さ」は誰もが欲するものだ。「頭の回転が速い」という言葉は、しばしば「頭がいい」と同じ意味で使われる。実際、問題の解決策を短…

身近かつ危険な化学物質へのリテラシー/「DHMO」について

「DHMO」という、その危険性にもかかわらず法的規制を免れている化学物質が存在することをご存知ですか。それは人を死に至らしめるほどの力をもちながら、私たちの日常の陰で息をひそめています。私たちはこの物質を頻繁に体内に取り込んでいるにもかかわら…

「夢を叶えること」に対する物理主義的解釈

1つ叶えたい夢がある。その夢は努力によって叶うのだろうか。本記事のテーマはこれである。具体的には、哲学における物理主義の立場から、努力することに意味があるのかを考えた。「何をやったって無駄だ」、1度でもそう考えたことがある人々には必ず目を通…